事業案内 会社案内 環境理念 お問合せ 採用情報

開発受託

実績に裏付けられた幅広い技術で開発サービスを提供します。

日東通信機は有線通信の中枢である伝送・交換機の開発・生産で培った豊富な技術、ノウハウを有しています。その経験と実績(アナログ.デジタルから光まで)を基盤とした応用開発技術が私たちのコア技術です。
私たちは、このコア技術でお客様の開発ニーズに応えます。(開発技術のページへ

開発受託では、設計から製造・検査までトータルにカバーしています。以下にその基本的な流れを紹介します。もちろんお客様の要望に応じてどのフェーズからでも対応可能です。


開発受託のステップ(ハードウェア)

開発受託のステップ図(ハードウェア)
開発受託のステップ(ハードウェア)
1)検討・ご提案
お客様のご要望をお聞きして、物作りを考えた実現の検討・提案を致します。
2)筐体設計
コスト及びVCCIを考慮した板金設計から、量産用のモールド設計まで対応致します。 また、出荷用梱包箱の設計も可能です。
3)回路設計
長年の通信機器設計のノウハウを生かした超高速回路や各種インタフェースの設計が得意分野です。
4)FPGA設計
VHDLでの大規模FPGAの設計から超高速回路まで、弊社の設計資産を生かします。
5)製造設計
量産時の入手性、価格を考えた部品の選定、製造用図面の作成を行います。また、部品の鉛フリー品への置き換えも対応致します。
6)PCB設計
超高速信号(10GHz)や高密度実装などの経験を生かした設計が可能です。勿論、鉛フリー対応のパターン設計を行います。
7)環境評価
製品の各種環境試験を行います。(温度、振動、衝撃、EMC など)
回路設計がお客様の場合でも、弊社ノウハウを生かして問題解析や改善提案を行います。

開発受託のステップ(ソフトウェア)

開発受託のステップ図(ソフトウェア)
開発受託のステップ(ソフトウェア)
1)検討・ご提案
お客様のご要望をお聞きして、最適で安定した動作を考えたシステムの実現の検討・提案を致します。
2)基本・機能設計
長年の組込み通信機器ファームウェアのノウハウを生かした監視・制御機能、通信インタフェースドライバの設計が得意分野です。
3)詳細設計
効率的なプログラミングを考慮し、見やすいプログラム、安定動作を念頭にフローチャートや関数票を作成します。
4)コーディング
蓄積した技術を生かして、経験豊富な使用言語(CやASM等)を使い品質のよいプログラム製造を行います。
5)デバッグ
PC上でのスタティックな動作確認や、実機でのダイナミックな動作確認など、最適なデバッグ環境を構築し検査します。
日東通信機株式会社TOPページサイトマップ